難易度を考慮すれば「社会保険労務士」がベター

社会保険労務士,税理士

社会保険労務士と税理士との年収比較については、一般的には「税理士」の方が上を狙える資格として認識されています。

とあるデータによれば、税理士の平均年収はおよそ800万円を少し上回るほど。
同データによれば、社会保険労務士の平均年収が530万円となっていますから、その差は歴然です。

もちろん、こうした平均年収のデータには独立開業者のみならず、会社や事務所勤務の税理士や社会保険労務士も含まれていますから、純粋に独立開業のケースとして捉えることは出来ません。
しかしながら、やはり年収面では税理士の方が断然リードしていることは事実のようです。

よって、「社会保険労務士と税理士、どちらか年収の高い方を目指したい」という方であれば、税理士資格への挑戦を目指されるのが得策であると言えるでしょう。

とはいえ、税理士資格といえば社会保険労務士以上に狭き門。
いくら年収が高いからと言っても、誰しも簡単に合格できるような資格ではありません。
長期戦で挑んでも、最終的に資格を手にすることなく脱落していく受験生は後を絶ちません。

いくら受験対策を積んでも資格取得が叶わないのであれば意味はありませんから、「自分にはあまりにも高すぎるハードル」と感じれば迷わず社会保険労務士試験に挑戦されることをオススメします。
また、両資格では完全に専門分野が異なり、それに応じて試験範囲も大きく異なるため、個々の適性等も考慮して目標資格を定める必要があるでしょう。

年収にこだわるあまり無謀な挑戦をする、まったく適性とはかけ離れた世界に入る、といったことでは本末転倒。現実を見定めながら、方向性や目標を検討されるのが一番です。