顧問契約が狙える「社会保険労務士」で継続的な収入確保

社会保険労務士,行政書士

数ある法律系資格の中で、社会保険労務士と並んで高い人気を誇るのが「行政書士」資格です。

「これから将来に向け、何かしら資格を」とお考えの皆さんの中には、両者のうちどちらを取得するか迷われている方も多いかと思いますが、少なからず「出来れば取得後、稼げる方を」という視点は外せないのではないでしょうか?
いずれも国家資格ですしそれぞれに独占業務もある、となれば、大いに悩むところですね。

社会保険労務士と行政書士、それぞれの平均年収を比較した際にはさほど大きな差はありません。
また、士業で独立する上では個人の経験や知識、スキルが収入にも影響してくるものですから、単純に「こちらの方がオススメですよ」とは言い難いものがあります。
まずは社会保険労務士と行政書士、それぞれの業務範囲を理解して、個々が自身の適性に照らし合わせて選ばれるのが一番であると言えるでしょう。

しかしながら、「私にとってはどちらも未経験の分野だし、あくまで一般論で良いのでどちらが良いのかを知りたい」という方には、私個人の意見として「社会保険労務士」をオススメしたいと思います。

なぜ行政書士よりも社会保険労務士をオススメするかといえば、年収を考える上では「継続的な収入を確保できるかどうか」が大きなカギを握るからです。

行政書士の場合、業務の性質上、一度限りのお付き合いといったケースが多く、同一の顧客からコンスタントに収入を得ることが難しいのが特徴であると言えます。

一方で社会保険労務士の場合、会社の顧問として毎月、継続した収入を見込むことが出来ますから、年間の収入を考える上では断然有利なのです。

また、社会保険労務士の場合には独立しても年収的に思う様にいかなければ、勤務登録に切り替えて雇用される道というのもあります。
しかしながら、行政書士ではこのような勤務への登録変更は出来ません。

そういった意味でも、社会保険労務士の方がより安全に、年収キープを狙える資格であると言えるのではないでしょうか?