独占業務が明確な「社会保険労務士」に軍配!

社会保険労務士,FP

社会保険労務士とのダブルライセンスとして多いのが、FP(ファイナンシャルプランナー)

こちらも社会保険労務士同様、独立して高収入が狙える資格として知られていますが、これからいずれかの資格取得を目指そうという場合にはどちらの方が“稼げる資格”としてオススメなのでしょうか?

結論から申しますと、社会保険労務士とFPとでは断然、社会保険労務士資格の取得を目指すのが得策です。
収入面ではもちろんですが、やはり国家資格と民間資格では一般的な認識として大きな差があると言えるでしょう。

その裏付けとなるものとして挙げられるのは、「独占業務の有無」です。

社会保険労務士の場合、行政官庁に提出する各種書類や就業規則、賃金台帳等の作成業務(「一号業務」といわれます)、さらにこれら作成した書類を事業主に代わって提出、その内容について行政官庁に対して陳述、要望、主張を行う業務(「二号業務」といわれます)といった2業務が独占業務として認められています。
つまり、「社会保険労務士だけが携わることの出来る仕事がある」ということです。

一方で、FPの場合にはこうした独占業務はなく、実務上はあくまでコンサルタントとして相談業務に応じるのみとなっています。

もちろん、社会保険労務士とFPとでは専門とする分野が異なりますから、一概に同じ土俵に並べて考えることは出来ませんが、社会保険労務士とFPとの年収、営業等を見据えれば、「独占業務」が確立されている前者に軍配が上がるものと言わざるを得ません。

よって、これから「実務未経験から独立・開業を目指して資格を取得するぞ」という方で、社会保険労務士とFPとで迷われている方であれば、まずは社会保険労務士の取得を目標に頑張ってみてはいかがでしょうか?

また、冒頭で触れたとおり、社会保険労務士とFPとでは両方を活かして独立、高年収を誇る方もたくさんいらっしゃいます。相性の良い資格同士であることは間違いないので、「どちらかで」というよりも「ゆくゆくは両方で」と計画されるのも良いかもしれません。