スランプに負けないメンタル強化法

社会保険労務士,通信教育

社会保険労務士本試験に向け通信教育で勉強する過程においては、どんな方にも必ず“スランプ”がやってきます。

とりわけ、受験年数を重ねれば重ねるほど、スランプの波と頻度は高くなる傾向にあると思います。私自身、数年の受験経験の中で、「急に問題が解けなくなる」「条文を読み込めなくなる」さらには「勉強が手につかなくなる」といった典型的なスランプに悩まされたものです。
社会保険労務士通信教育のケースでは、通学講座の受講生以上にこうした気持ちの波に飲み込まれることが多々あるのではないでしょうか?

思うように勉強が進まなくなってしまったとき、その状況を打開するためにとった行動で一番効果があったのは「それでも学習を継続させること」だったと思います。

よく「現状から離れて思い切り気分転換をすると良い」と言われますが、少なくとも私の場合にはプラスの方向に働いてくれませんでした。
せっかく社会保険労務士受験を決意しても、少し通信教育に疲れたからといってそこでストップしてしまえば、どんどん自分の首を絞めるだけ。
受験を決めている以上、日々本試験日へのカウントダウンは進んでいます。
学習から離れてしまえば、まさに時間のロスとなってしまいます。

受験生時代、スランプ時には「テキスト読みに集中する」「問題演習はしない」の2点を徹底していました。

テキスト読みは、知識を確実に積み上げ、定着させてくれますから、気持ちが多少弱っている場合にも前向きに取り組むことが出来ましたね。
また、教科書を読み進めているうちにやる気がみなぎってくる、という経験も多々ありました。
逆に、解けないことでモチベーションが下がってしまう危険性のある問題演習は、比較的気持ちの元気な時に集中して行いました。

社会保険労務士受験において、とりわけ通信教育受講生にとっては、スランプの悩みは常につきものです。
しかしながら、どんな状況においてもその時々に出来ることを確実にこなしていくことこそが、合格につながるたったひとつの「道」なのではないかと感じます。