モチベーションUPの通信教育勉強法

社会保険労務士,通信教育

社会保険労務士試験合格に向け通信教育を受講している際、私自身何度も悩まされたのが「モチベーションダウン」の問題でした。

このことは何も社会保険労務士に限らず、どんな通信教育に挑戦している場合にも必ず悩みの種になってくることなのかもしれませんが、個人的な経験から言うと、難易度の高い試験ほどその程度は大きいように思います。
ここを訪れた皆さんの中にも、もしかしたら現在進行中で「やる気が出なくて・・・」とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

度重なるモチベーションの低下から私を救ったのは、「朝活」の実践でした。

朝活とは、始業前にカフェなどで1~2時間程度集中して「何か」に取り組むこと。
私の場合には、その「何か」が社会保険労務士通信教育だったわけです。

仕事終わりではどうしても学習時間の確保が難しかったり、疲れ果ててしまって勉強が手につかなかったりということがあるものですが、疲労する前のフレッシュな状態で学習するとこうした問題が生じません

私の場合は、会社近くの喫茶店で社会保険労務士通信教育に取り組んでいましたが、周囲には様々な資格試験の勉強をされている方がいて良い刺激になりました
今振り返ってみても「周りも皆頑張っているんだ」と思える空間に身を置くことは、モチベーションアップに絶大な効果を発揮してくれたと思います。

私が受講した社会保険労務士通信教育は、コンパクトで持ち運びしやすい教材でしたので、場所を選ばず活用できてとても役立ちました。
これがもし重たいテキストだったら・・・と考えると、おそらく前向きな気持ちではいられなかっただろうと思います。
朝活の実践を成功させるかどうかは、どうやら「通信教育選びにもかかっている」と言えそうですね!