通信教育NG教材の特徴

社会保険労務士,通信教育

数ある社会保険労務士通信教育講座の中でも、合格のためには絶対に選んではいけない教材というのがあります。
受験勉強をスタートさせる際にはまずしっかりと勉強ツールを吟味し、相応しいものをセレクトしなければ、効率の良い勉強など望めません。

社会保険労務士試験対策の通信教育において、避けるべきテキストの特徴は
・ 文字ばかりで無機質、見にくいもの
・ 情報が多すぎてマニアックなもの

の2点です。

もちろん、個々の性格に応じてこの2つ以外のポイントにも気をつけるべきケースはありますが、少なくとも上記の点はすべての受験生の教材選びに共通して言えることだと思います。

まず、「文字ばかり」の参考書は、学習内容の理解を妨げます
習得すべき法律条文はもちろんツラツラと活字ばかりが並びますが、おそらくそれを読んだだけで概要を網羅できる方は少ないのではないでしょうか?
知識を正しく身につけ、それらを自分の中に定着させるためには、出来る限り分かりやすい方法でインプットすることが大切です。
もっとも、文字の羅列だけではやる気もそがれてしまうのではないでしょうか?

また、合格率一桁の社会保険労務士試験に合格するためには、どうしても細かい部分まで覚えようと躍起になってしまう方がありますが、これは禁物。
資格試験はマニアッククイズではありません。
ベースとなるのは、あくまで基本的な内容の理解
。社会保険労務士通信教育にも、基礎的な内容を確実に習得できるようなテキストを求めるべきでしょう。

よく、過剰に深い分野まで掲載している参考書はありますが、最初からこのようなもので学習を開始させては混乱のもと。
もちろん、徐々に理解を深めていって最終的にマニアックな部分に手を伸ばすというのなら良いのですが、基礎をおろそかにして下手に知識を仕入れても何の意味もありません。

私が選んだ教材は、要点が図表入りで分かりやすくまとめられており、しかも試験に必ず出題されるポイントにクローズアップされた内容でした。
いわば、社会保険労務士通信教育の理想的なテキスト。
こんな風に上手くまとめられている講座って、いざ見つけようと思ってもなかなかないんですよね!