まずは売れる仕組み作りから

社会保険労務士,年収

社会保険労務士年収をぐんとアップさせるために、「売れる仕組み作り」について検討することはとても重要なことです。

「開業をしたのは良いけれど、肝心なお客様がいない」
「営業といっても、何から始めれば分からない」
という状態の方は、まずアナタ自身の負担になり過ぎない程度で、「なるべく安く価格設定が出来、すばやく対応できる」サービスを探してみると良いでしょう。

この仕組み作りについて、ひとつ代表的な例を挙げるとするならばやはり「相談」業務でしょうか?
無料の労務相談でも、助成金相談でも、カテゴリはアナタの得意分野で構いません。
要は、相談自体を無料にしてお客様との関わりを持ち、会社が抱える問題点や理想を探り、社労士として適切な提案が出来れば良いのです。

具体的な方法は、相談業務以外にもいろいろとあると思います。
自分だけで考えていてはそうしても独りよがりになりますから、実際に足を運んでいろいろな企業の実情をヒヤリングしてみるのも良いでしょう。
ぜひ、アイディアや工夫を凝らし、社会保険労務士高額年収ゲットのための足がかりを探してみてください。

アナタが社会保険労務士で年収増を目指す傍らで、企業目線の社労士ニーズといえば、
「とにかく安く、必要なことだけやって欲しい」
「お金がかかるとしたら、一番最安値で依頼しよう」
などなど、なかなか厳しいリクエストばかりのようです。

しかしながら、ここで気をつけるべきなのが「すべての業務をサービス価格で受注しないこと」。
お客様に足を運んでいただくための看板商品を決めることは大切ですが、すべて言いなりになって値切られてばかりいれば、それは社会保険労務士業界全体の年収ダウンを引き起こしかねません。

大切なのは、先方が社会保険労務士と話をする中で「この人の言うことならお金を払っても良いかな」と思えるような、的確な提案が出来ること。
正しい知識、最新の情報、人柄、コニュニケーション能力・・・など、磨くべき要素をしっかりと磨いて実務に当たることが重要です。
相手方のシビアな要望に臆することなく、プロとして説得力のある話をして下さい。
そして、看板サービスをきっかけに関わりあったお客様からは、以降、納得の上で適正な報酬を支払って頂きましょう!

社会保険労務士年収1,000万円。
厳しい時代ですのでなかなか大変な目標ではありますが、決して無謀ではありません。
すべては自分次第です。