稼ぐ社労士と稼げない社労士の大きな差

社会保険労務士,年収

社会保険労務士年収の二極化という問題は、ずいぶん前から業界内のセンセーショナルな話題として掲げられてきました。
同じ「社会保険労務士」という資格で開業をしていても、世の中には”稼げる社労士”と”稼げない社労士”の2パターンの方が、いつの時代にも存在します。
一方は仕事の依頼が殺到して超多忙、しかしながら他方は閑古鳥が鳴く・・・
両者の差は、一体何なのでしょうか?

社会保険労務士で高額年収をたたき出す者の多くは、「営業力」に優れているという共通項を持ち合わせています。
仕事の依頼が欲しい場合にも、稼げる社労士は不特定多数宛に意味もなくDMを送ったりしませんし、チラシをまいたりしません。

その代わり、有益な情報の収集に駆け回り、それを本当に必要としている人のところに的確に届けます。
詳細についてはまた別の項でお話しすることにしますが、社会保険労務士で高額年収を稼ぐ人というのは、とにかく“空回り”や”ムダ”といった要素とはまるで無縁なのです。

社会保険労務士で年収1,000万円などというと、たいていの方は
「社労士一本ではないだろう」
「行政書士や司法書士、中小企業診断士・・・、
何か別の資格とダブルライセンスでやっているんだろう」
と思われるようです。
そういう誤解があるので、社会保険労務士を取得した後もずっと資格受験地獄からに抜け出せない方はかなりお見かけします。

確かに、他に強みがあった方が業務の幅が広がり、実務上には有利かもしれません。
しかしながら、それは必須事項ではありません。
社会保険労務士でいつまでも年収が伸び悩んでいたとしても、保有資格を増やせば必ずしも年収増につながるわけではないのです。

社会保険労務士で稼ぎたいなら、まずは営業の仕方を変えてみることです。
どんな風にやっていけば良いのかは後の項で触れますので、ぜひこのまま読み進めてみてください!